投稿

「カレーの王子様」金沢〜富山へ。衝動的カレー作り。

イメージ
「越中通信録」などと標榜しながら、二ヶ月ぶりの富山行き。ようよう57歳となった身体を預けるのは、ありがたいことに新型のサンダーバードで、乗り心地が旧型と明らかに違う。「ザクとは違うのだよ、ザクとは」などとひとりごちつつ北陸路を進んでいく。

金沢で途中下車。一仕事して主計町で夕食を済ませ、片町にある懐かしのバーへ。ただ富山でも顔を出したい店があり、金沢〜富山とハシゴ酒へ。「僕にはまだ帰れる場所がある。こんなに嬉しいことはない」なんて。やはりファーストガンダム世代ですな。


まだまだ回りたい店はたくさんあれど、次の日にヘビーな打ち合わせが入っていて、さすがに桜木町は二軒止まりにしてホテルへ戻った。桜木町から松川を越えれば、たった1年前まで住んでいたマンションがあり、なんとも複雑な気分ではあります。

打ち合わせ準備で午前が費やされ、回転寿司の「粋鮨」に行きたかったのだけれど、かつてのオフィスにほど近い「サンカレー」で、金沢風の濃いカレーを瞬速でかきこんだ。


カレーってどうしてこんなに尾をひくのでしょう。その土曜日、朝起き出した時から猛烈な「カレー作りたい」衝動に駆られてしまって。午前6時半からタマネギを炒め始め、合間に洗濯掃除をこなしながら、9時半には完成をみた。

飴色になるまで炒めたタマネギに、和風のだし汁(いつもまとめて鰹と昆布でとってある)を注ぎ込む。別鍋で人参と豚こま肉を炒め、カレー粉と小麦粉を振り込んでおき、それをだし汁に加えて、ざっと1時間。味の調整は、市販のカレールウをくずし入れながらトロミと洋風味を加減します。トマトペーストとかブランデーとかで細かい演出をしながらさらに1時間。

賞味期限ギリギリの卵が一つ余っていたので、薄焼きにしてご飯にトッピング。印洋和が混然となり、まあ本人はうまいうまいと言ってるんだからいいとしますか。


しかし自分でカレーを作った翌々日には、仕事のせいで時間がなかったからなどと数日前にほざいていた言葉を繰り返しつつ、ドーチカのインデアンカレーに詣でているんだものなあ。我ながら随分と年季の入った「カレーの王子様」ではありますね。


超弩級ラーメン天下一品も(記憶から)吹っ飛ぶ。銀座「はしご」も吹っ飛ぶ。アルコール性健忘症とは。

イメージ
別に脳梗塞を患ったことはないし、今年の人間ドックでも大脳CTは全く正常だった。なのに時折記憶にない画像が携帯のカメラに収められているというのはどういうことだ。それも妙齢の女子が肌もあらわに、などというトキメキに満ちたものではなく、概ねにおいて「食べた記憶のない麺類」というのは本当に困ったものではないか。

半月前、3月7日に撮影されていたのが、この「天下一品こってりラーメン」である。だいたい飲食の記録は手帳か写真に控えるので、この日の行動は(ここまでは)追跡できる。知人と北新地の寿司屋からラウンジへ行って、ご機嫌で家路に着いたはずである。なのに友人と別れて(多分午前1時を回ってますね)、あろうことか大学生じゃあるまいし。総カロリーが900とも言われる超弩級ラーメンを無意識にすすっていたとは。


かと思えば3月9日のことだ。この日は博多で仕事を終えて、博多明太子弁当などをつつきながら帰阪して、近所のショットバーに立ち寄って帰宅したはずなんである。近所の24時間営業立ち食いうどん店で、なにやら面妖な麺類を注文しているではないか。恐らくは「中華そば」に、何を思いけん、一味唐辛子・胡椒を思い切りぶちまけた上に天かすと温泉卵までトッピングしてしまったらしい。
私はひらがなまで忘れてしまうほどボケているつもりはないけれど、どうも記憶障害を時によって発症してしまうものと見える。


3月11日は日本人ならけして忘れてはならない鎮魂の日である。東京行きのヒコーキの中で、あの大災害を思い出し、天然自然に対して改めて謙虚であろうと決意。


だが同時に3月11日は、私の五十有余歳の誕生日でもあるのです。この歳になって「はぴばすで」なんて言われたくもないけど、銀座の令嬢がた(元令嬢がたというべきか)の中には覚えていてくださっている方もおられて、いつもよりほんのちょっぴりお酒をいただいてしまった。

するとね〜やっぱりカメラに残されているのは、もうこれは確信犯的に「支那麺・はしご」のだんだんめんでありますね。もうざっと33年くらい食べ続けて飽きない。というわけなんで。銀座新橋界隈にあって、理性を街角にうっちゃってしまうと、ここにいる自分を見つけるか、翌日の画像で、ネクタイのシミで、その行ないを検証してしまう訳なんです。


3月14日は、後輩君と一献したのちに天満周辺をパトロールし、ついてはバーの三軒くら…

博多の朝はとんこつラーメンで始まる。

イメージ
博多の朝はとんこつラーメンで始まる。24時間営業のこちら「はかたや」へは定宿から徒歩10分ほどで、朝の軽い散歩にもなる。午前8時は中洲の深夜営業店から退勤途上のお水系レディス、出勤のサラリーマン、観光客など多彩な来客で意外なほどに賑わっていたりする。


290円のラーメンは薄い薄いチャーシューとネギだけが入っている。100円の煮卵と高菜をトッピングして、卓上のゴマと紅生姜をこれでもかとふりかける。

ところで、私の隣にアジア系の二人連れがいたのだけど、店員に身振り手振りで「ラーメンからチャーシューを外してくれ」と頼んでいる。単なるブタ嫌いなのか、はたまたイスラム教徒なのか。後者だとしたら、いくらチャーシューを外したところで、ベースが豚骨だったらどうしようもないと思うのだけれど。アラーの神は意外と寛容だから、事情のわからない他国の地でのことだからお見逃しくださるかもしれないが。



ランチタイム@博多であります。天ぷらの「だるま」では、水曜日が「天ぷらの日」となっており、800円の天ぷら定食に特大のエビ天がサービスで付く。ひとつひとつ揚がるたびに熱々を持ってくるのが嬉しい。塩気が異様に強い塩辛と高菜漬けが取り放題になっているけど、こいつを小皿に残してしまうと、親切にして獰猛なるアマゾンに叱られるからご用心のほどを。


特に会食とか入っていない夜は、中洲は多聞通りの「みんみん(文字が出ない)」で餃子をいただくことが多い。博多の餃子はひとくちサイズなので、ビールとともにやるのに持って来いなんだな。


さて大阪へ戻る。仕事の性質上、実は仕出しの弁当とか出前で昼夜の食事を済ませることが多くて、弁当というやつはできる限り食べたくないんだけど。でも博多発20時の新幹線なんてことになると、どうしてもこういうことになってしまいますね。

以前ここで「博多駅の駅売り弁当にロクなもんがない」とディスったことがあるけれど、新幹線乗り場の近くに「プレミアム弁当コーナー」みたいなところに「柿安」を発見した。ここの牛肉弁当はちょっと贅沢だけどいいもんです。



アレルギーの原因は「ボケツッコミ」か。神田で鰻を。銀座で担々麺を。そして大阪では・・

イメージ
地元でちょっとゆっくりしたかと思うと、また水曜から東京へ。しかし朝早い時間といい昼の時分どきといい、帰りの最終前後といい、「のぞみ」がいつも混んでいるのには驚かされる。みんなよく働くよなあ。

そろそろ花粉の季節だし、アレルギー性結膜炎は大阪に帰任して以来の持病だし。こういう額面広告は気になりますね。ちなみに結膜炎の方は未だにアレルゲンが特定されてない。眼科医からも「時間かかりますよ〜」と言われている。富山時代にはあまり出会わなかった「ボケ・ツッコミ」あたりが病原じゃないかと私はにらんでいるけれど。


関ヶ原あたりにはまだ残雪が。7年間北陸に住んでいたし、北陸新幹線開通までは豪雪地帯を抜けて越後湯沢経由で東京へ行っており、5メートルとかの積雪を見慣れていたから、この程度の雪なんて。でも綺麗だな。


新入社員時代からざっと34年間、そのうち20年くらいは週に一度や二度は東京大阪を往復していたので、発車時間から逆算して自分がいまどの辺りを通過しているかは身体でわかるような気がする。富士山の見所だってね。


昼前に東京へ到着。午後からの仕事に備えてスタミナ補給、というか無類のうなぎ好きなので。とりわけ仕事場に近い神田の「うな正」は国産うなぎの丼が980円と、グッとお値打ちなんで機会を見つけては通っている。


仕事を済ませたらら、新橋の居酒屋で同僚と一献。さらに馴染みのBARで杯を重ねた。仕上げは銀座は「はしご」のノンバレイユ(絶品)担々麺で。麺もご飯もハーフにしてくれるから、中高年にはありがたい限り。


翌日にかなり厳しいことになるかもしれない、重い打ち合わせがあったので、ちゃんと地下鉄が動いている時間に小伝馬町のホテルにご帰還した。

ありがたいことに、重いはずの打ち合わせは前向きにまとまって、連日になるけど鰻丼で昼をしたためて大阪へ。戻ってさらに一仕事。さすがにぐったりしたので、夜は最近お気に入り「大阪トンテキ」で「とんたま定食にんにく付き」とした。疲れた体に豚肉とニンニクは、ド定番だけど効くのよねえ。

リキつけて、近所のBARで知り合いと合流し、まずは結構なお時間まで行ってしまいました。ボトル半分くらい飲んじゃったかも。そんな翌日には上方風のきつねうどんがよろしいですね。いちおう出汁は真昆布と鯖節でとっているから、なかなかのもんだと自負しております。ご希望の方にはご馳走してもい…

博多〜東京〜大阪へ 揚げたて天ぷらは博多名物 睡眠障害の積極的解消法とは

イメージ
大阪で久しぶりに一息ついたかと思えば、またまた博多へ。翌朝が早いのでとにかくさっくりと夕食をしたため、ホテルに戻ってひと仕事して休むことに。歳をとると休養の取り方も大事です。塩味の焼きそばに小粒の餃子は中洲の「ミンミン」にて。


しっかり休んで朝からお仕事。区切りがついて時計を見ればすでに1時半で、腹ペコになってしまったスタッフ一同(男子2名女子2名)にて大名の天ぷら「だるま」へ。最近大阪でも流行りだした「揚げたて天ぷら定食」のハシリみたいな店。エビ天3本に野菜天が二つ付いた「エビ天スペシャル定食」1150円なり。熱々の天ぷらにヤボなほど濃い天つゆが、飯にあうのなんのって。後のことを考えなくていいなら絶対に飯は大盛りだな。


まあ結構深くまでお仕事して、夜は中洲の行きつけで一献。やっぱ博多はよかところやね〜などと言いつついい気分に。でも結構寒くて、九州ぽくないのね。翌朝はANAで東京へ。空港は所々に雪が積もっていて、風も厳しい。離陸間隔を開けたために、乗機してから1時間近く待たされた。

東京で担々麺かうなぎでも食べようかと意気込んでいたのだけど、立ち食いの寿司屋でパパッとつまんで終わり。食事時間わずかに5分。
東京での仕事を終わって最終便で大阪へ。元来なら翌日がゴルフだったのだけど、大寒波の訪れにビビってしまい、キャンセルしてしまった。
ゴルフだったら前日は禁酒することにしているんだけど、アテが外れたので、皿うどん食ってビールを飲んでから、畏友のM・知人のS・先輩のKなどを糾合して飲みに行ってしまった。何時に戻ったか記憶ははっきりしないけど、午前4時はまわっていたような。


昼頃に起き出して、掃除とか洗濯をする気力などもとより雲散霧消していて、翌週に着るべきワイシャツがなくなるとサラリーマンとしていががものか、ということになるので這うがごとくフラフラになりつつクリーニング店へ。
ついでに天五中崎の「うまい屋」にてたこ焼きを。あのえらい二日酔いでよくまあたこ焼きなんか食べられたもんだと、我ながらびっくり。側はカリカリ、中はしっとりで、相変わらずの絶品ぶり。


たこ焼き屋から、夢遊病者のごとく「う〜気持ち悪い」と言いながら帰宅。そのまま服を脱ぎ散らかしてパジャマに着替え、ベッドにリターンズ。次に目が覚めたら外はもう真っ暗。6〜7時間は気絶していたらいい。朝4時過ぎに帰宅してか…

豚肉とニンニク。バンカー大叩き。新地に出るオバケ。

イメージ
久しぶりに一週間大阪にいた。博多へも、東京へも行かず。ちょっとのんびりしたかもしれない。56歳の肉体に毎週の移動はさすがに応えるようで。
疲れた時は豚肉とニンニク、というのは古今東西の原則なので(私にとって)、近所の「大阪トンテキ」にて「とんたま定食」にて夕食をしたためる。身体がポカポカしてくるような気がするから、プラシーボ効果が抜群だな、我ながら。


2月4日、今年初めてのラウンドは好天に恵まれて、コンディションは最高だった。前半を49で折り返して、まあええ感じかと。しかし後半にバンカーで6発叩く大崩れとなり、そのまま沈没した。クヤシイ。


あまり悔しいので、翌日は「つるやゴルフ」へ走り、ドルフィンウェッジなるサンドウェッジを購入した。今のセットには専用のサンドウェッジをつけずに、セット物で対応していたのだけれど、やはりバンカー対策にはそれ用のモノが必要な気がする。ま、道具買っただけでスコアが上がるってもんじゃないのは身にしみて知ってはいるけどね。

ウェッジ買ってお金を使ったので、外飲みを自粛。自宅でセルバンテスを読みつつ晩酌。聖書に次ぐベストセラーと言われる「ドンキホーテ」をこの歳になって初めてひもとく。
読破することができれば、まだまだ読書体力があるってことなんでしょうけど、自信ないなあ。


豚肉だの、大盛りヤキメシだの、食生活が乱れていたので、知人のY氏と昼飯に行くことになって(彼は栄養が偏りがちな単身赴任者である)、堂島の「志賀」へ。野菜たっぷりのちゃんこを食べて体内pH値の是正を図った。


ところで、2月の2〜4日は北新地のお祭りで、女性たちが仮装をする。「オバケの日」ということになっている。お取引先様と、真冬のオバケ見物としゃれこみました。元々は祇園で始まった風習とか。節分の恵方巻きと一緒で、飲食店の2・8月枯れ対策なのでしょうね。


朝からステーキ。定番無視の食生活とは。

イメージ
雑誌「サライ」の人気企画に「定番・朝めし自慢」てのがあって、各界の重鎮というか老いてますます盛んな方々がその壮健を支える朝食を紹介しておられる。皆さん朝から考えられた、バランス上々な(しかし誰が作るんだろうと思うくらい手の込んだ)品々を並べとられますねえ。
こちら大阪の下町・天満に逼塞する窓際かつ定年待ちの独身サラリーマン。徒歩2分に24時間営業のスーパーがあるので、思い立ったら、朝からどんなもんでも仕込んでしまえる、とんでもない環境におります。朝めしはとにかく思いつき。
と言いつつも、最近の過激朝食を。最近、近くの24時間営業スーパー輸入の「アンガスビーフ」を売り出して、これが安くてウマイのです。赤身でそれなりに歯ごたえもあって。こいつを朝から焼いて、パンに挟みつつサラダと食べます。ドナルド・トランプになった気分。

朝の早いゴルフに出かける時には、「すき家」でミニ牛丼。温泉卵をのっけて、おしんこ付けて。ホームランがティーショットでなく、バンカーで出てしまったのはご愛嬌ということにいたしましょうか。


トマトスープなんかも朝からチョチョっと作っちゃいます。玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒めて、トマトジュースを注ぎ込み、コンソメの素を加えてひと煮立ち。塩コショウで仕上げれば、なかなかのもんになります。パンにはハムを3枚くらい挟んでやると食べ応えもじゅうぶん。


軽い二日酔いで、何にも作りたくない。そして何か刺激が欲しい時は、出社して30分をなんとかしのいで、用事があるふりをして外出〜堂島地下街のインデアンカレーに潜入いたします。いいですね朝からの辛口カレーって。鉛のように重かった胃が動き出すのを実感いたします。


東京では常宿を新橋においておりまして(東急ステイ新橋がお気に入り)、冬場の朝は駅前ビルまでひょこひょこ歩いて、大好きな「小諸そば」にまいります。ここは「あつもり」をやってくれるんですね。熱々のせいろ蕎麦を、卵を落とした、いかにも東京な「濃い」ツユにに絡めていただくのは、これも一つの至福でございますね。


さて、明日の朝はなんにいたしましょうか。カツ丼なんかもいいですよねえ。