投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

夏はカレーだ!!カレールーを使わず、和風ピリ辛仕立てで簡単に低カロリーの傑作誕生。

イメージ
ハウス食品のCMにそそのかされるまでもなく、夏となるとカレーである。身体が欲するのだから仕方ない。しかし待命も五十なかばとなると、いろいろつらいものも出てまいります。私の場合は油脂分がそうで、霜降りのステーキがあかんし、マグロの大トロなんてものも苦手になった。
外で食べるカレーはともかく、カレールーでつくる「おうちのカレー」が胃にもたれだしたのは2~3年前からのこと。ルーを固形化するのにつかうパーム油を消化しなくなったらしい。
しかし手軽に「家のカレー」を食べたい。辛口好きなのでヒイハアいうほどスパイス入れて。



前段が長くなりました。そういうわけで昨夜は「ルーなし」のカレー作りに初挑戦。味も思い切り和風にして「在原業平風ピリ辛絶倫カレー」を目指すことに。絶倫には目下当分関係ございませんが、ここのところ疲れる事件が連続しており、ちょいと薬膳ぽく。


まずは玉ねぎを大一個、スライスして生姜ニンニクとともに飴色になるまで炒めます。こいつは和風に仕立てるにしても必須のプロセス。明日の会社で迷惑かけようとかまうもんか、ニンニクも3かけ使ってしまいました。
スタミナ回復には豚肉。150グラムぶんのスライスを、まずは湯通しする。余分な脂肪を溶かして、さらに肉表面のアクも取れる。この手間が結構大事なんです。酒と醤油と胡椒をまぶしておきます。

玉ねぎニンニクが色づいたら、出し汁(顆粒のものでも構わないけどね。私は昆布と雑節からきちんと取っておる)を700CC ばかり。ウチじゃ切らしていたけどローレルがあれば2~3枚。水で洗ったベビーキャロットを一袋分ぶっこんで、弱火でコトコト20分。

アクが出てきたらこまめにすくう。油脂分も浮いてくるからこれもすくっていく。愛は地球を救えなかったかもしれないけれど。

これによってほとんど油脂分のないカレーとなるのです。まあ火が通ったなあってところで、S&Bの赤缶カレー粉を大さじに2杯。クミンを小さじ1杯。S&Bのゴールデンカレー粉を少々。ガラムマサラ少々。あと私は辛いのが好きなのでカイエンペッパーをヒミツの量まで。


いい感じに仕上がってきました。しかしこのままではかなり辛口の和風カレースープに過ぎないので いくつかの通俗化で「カレー」に持っていきます。
塩・胡椒を少々。醤油、みりん、さらにトマトケチャップを大さじ一杯。つづいてマギー…

餃子を読む。上鰻重2550円。ワールドカップ初戦敗退と阪急そば。サンダーバード最終の憂鬱とは。

イメージ
奇書珍書というものが世の中にはございまして、元自動車デザイナーにして現在はマンボミュージシャンと餃子研究家とマン盆栽とサンタクロースを兼業している不可思議な男、パラダイス山元が出版した「読む餃子」。人を幸せにする餃子から人生を不愉快にする餃子、たった298円の投資でプロのように餃子を焼くテクニック、タモリ倶楽部に出展したオリジナルスタミナドリンク入り餃子まで、全編まあすべて餃子にかけた愛情でつづられた稀なる本なので餃子います。

そんな本読んでたらどうやったって餃子食べたくなるやん。田舎の悲しさで歩いていける範囲に餃子専門店はおろか、「餃子の王将」すらない。しかし止むを得ないものはすなわち止むを得ない。富山マンテンホテル裏にある、居酒屋「さぽん」名物の手作り羽根つき餃子で夕食を。胡麻焼酎のソーダ割りで。


その前日にちょっと大阪に行ってました。ワールドカップで象牙海岸に負けたあの日。ホテルの朝食が4000円もしたので、近くにある阪急梅田駅茶屋町口にある「阪急そば」でがっつりと朝飯。サムライブルーのレプリカユニフォームをまとった、パブリックビューイング帰りとおぼしき若い衆が幾人となく行き過ぎてゆく。


大阪の立ち食いそば屋でだすかやく飯って、どうしてこうチープでありながら人を惹きつけてやまないのかしら。巨大お揚げに薄口しょうゆベースのちょっと塩っぽい出汁が二日酔い気味の胃袋にたまりませぬ。初戦敗退の腹いせというわけじゃないけど、朝からよう食うなあ、俺。


安倍政権の集団的自衛権については言いたいこともあるけど、SNSの世界じゃどこで火がつくかわからないから割愛。ある種の意思表明として昼飯はズドンと豪華に鰻とした。天神橋筋商店街の「魚伊」はここ15年ばかりひいきにしている。今や少数派となった関西風地焼きであります。


カリリと焼きあがった鰻が楽しい。2550円なり。いろいろと疲れる行事が続いたし、午後は厳しく売り上げ未達成を追及される会議があるし。おまけに最終20時56分大阪発のサンダーバードで富山に帰らんとあかんし。スタミナ付けるしかないじゃないですか。


富山にたどり着いたのは深夜午前零時20分。どうして最終列車ってこんなにくたびれるんでしょう。精神の安定を求めていきつけのバーへ立ち寄ってみれば。カウンターの端には大阪から富山に出張に来ていた後輩K君がいたりして。奇遇やんけ…

梅雨の合間にゴルフとカレー。餃子晩酌に親子丼の朝飯。そして90を切れないゴルフは人生の鏡であるか。

イメージ
梅雨の合間に初夏を思わせる薫風が吹きぬけることもある。人生捨てたもんばかりじゃない。そんなわけで富山の業界例会コンペへ出動。場所は主催者(地元新聞社)の関係で富山カントリークラブに決まっている。グリーンがややこしくて(高麗とベントが混在しているのだ)3パットが頻出することを除けば悪くないコースだと思う。


日が長くなってくると「午後スループレー」のコンペが増える。スタート前にはカレーで腹ごしらえ。醤油とソースがよく似合うここのカレーを、今シーズンはあと何十杯平らげることになるんだろうか。ましかし、こういうシンプルなものは飽きることがないですね。


しかし我々のコンペの前に、今日がゴルフコース初デビューの女の子2名をつれて、しかもセルフプレーなどという大馬鹿者の貧乏人がいて、全くプレイが進まない。各ホールで待たされること。18ホールのスループレイで、12時半にスタートしたのにコースアウトが19時ですよ。初心者を連れてくるときはキャディさんをつけて、一番のマナーはスロープレーをやらないことなんだけどな。そのキャディフィをケチりたいなら、パブリックの何でもありの安コースに行くべきだと思う。

表彰式ではぐったりして、うつらうつらと結果を聞く始末。会の進行上、風呂にも入れず。パーティー終わって自宅に戻れば20時半。シャワーを浴びて晩飯をまともに食う元気もなく、近所の「粋宏閣」で餃子とビールだけの簡便晩酌とした。これはこれで好きなのだけどね。



週末にジャンクな食生活だったから、月曜日はちょっと気をつけて。新玉ねぎと鶏モモ細切れの煮つけと、小松菜とツナ缶でつくる常備菜、ホウレン草とナメコの和え物に冷奴。あとルッコラの梅ドレッシング和え。会社から帰ってざっと1時間でこれだけ仕込んで、焼酎のソーダ割りで晩酌である。

鶏モモ新玉ねぎの煮ものは、食べきれなくても何の問題もない。翌朝が楽しいだけなので。


夜に自宅で晩酌する際は、別にダイエットのためでなく、酒に忙しくなるので飯はほとんど食べない。したがって翌朝は相当に空腹で目覚めることになる。そんなときに前夜の「鶏モモと新玉ねぎの煮もの」などが残っておれば、ちょいと味を足して、卵と九条ネギでとじて「京風親子丼」の完成となる。とても残りもん再生料理と思えぬ出来栄えです。金沢の名焼き鳥店「ちょうきち」の親子丼に勝てるとまでは思わないけど。


ちな…

広東風焼きそばの傑作は地元にあった。そして新・創作メニュー「鯖の焼きびたし」は傑作再生料理。

イメージ
焼きそばならほとんどなんでも好き。会社の隣、ホテルグランテラス富山の2階にある「福寿林」にはしょっちゅうお昼に出かけているけど、今まで焼きそばを頼んだことがなかった。坦々麺かチャーシューメン、はたまた五目そばと、汁ソバばかり頼んでいた。先週の木曜日に、なんとなくメニューの端に載っていた「海鮮あんかけ焼きそば」を注文してみたのは、何の気まぐれが原因やら。
しかしこれがまさしく瞠目に値するお味で、こんなに穏やかにして濃厚な、広東料理のコンセプトを外さない傑作が勤務先と指呼の間にあるとは。

その夜、ひさびさに禁酒禁煙。前日に金沢のスーパーで買ってきた(前日中に食べるつもりだったけど急なご接待が入ってしまったので)焼き鯖を前にひと思案を。レヴィ・ストロースいうところの構造主義では「煮たものを焼くことは許されないが、焼いたものを煮るのは文化的行為である」とあったことを思い出した。

冷蔵庫で一昼夜冷やされてすっかり身が締まってしまった塩焼きを、出汁とみりんと薄口しょうゆで煮返してみたのである。みごとにふっくら。これはイケますね。ご飯が進んで困ってしまったくらい。禁酒日でなければ、冷酒か焼酎がさぞかしはかどったことでしょうな。


翌金曜日、大勢で昼食をとることになったので、人数が入ることからまた「福寿林」へいくことになってしまった。皆がいろいろ注文する中で、私はイソイソと昨日に引き続き「海鮮あんかけ焼きそば」を注文した。昨日のデキが偶然ではないことを祈りつつ。


二日連続でいただいても、そのしっかりした味に揺らぎがなくて安心。これは今後かなりの頻度でリピートすることになりそうな。見た目の栄養バランスもよさそうだしね。

貧乏回鍋肉は豚の代わりに薄揚げで。昭和のカレーには醤油とソースを。老いゆえに共感する椎名誠。

イメージ
最近発案したメニューが「貧乏回鍋肉」で、なんのことはない回鍋肉から豚肉を抜いてかわりに薄揚げを使っただけのことなのだけど。味付けには「Cook do 回鍋肉」に紹興酒を加えて使ってみた。新キャベツがぱりんとして、適度な刺激でビールが進む。

ビールに焼酎をかさねたあたりから、「なんだかひとりで飲んでいるのもなぁ」と寂寞感をいだいてしまい、近所のBARへ。お酒は人に作ってもらったほうがやっぱり美味しいねえ。


たぶん午前1時過ぎに(記憶不明瞭)に帰宅して、そのまま爆睡体勢に。ここんとこ東へ西へと出張ばっかり続いたからなあ。

起きてみると快晴で、とりあえずはお洗濯を2発ばかりかまして。さらに部屋をざっと掃除してから朝飯を。だって2週間近く放りっぱなしだったんだもん。九条葱と京都仁助の薄揚げでうどんを作った。出汁も自家製。越中にいて京を忘れず。


実はこの日、午後からのゴルフで富山カントリーへ。ゴルフ場のレストランでポークカレーの昼飯とする。ここのカレーは昭和ロマン歌謡みたいな味なので、醤油とウスターソースをかけまわして食べると、どこか前川清の雰囲気が漂ってくる。ド演歌なのにちょいとモダンなのね。


先日東京へご一緒させていただいた黒部の老大師と、後輩F君と、お取引先の若い衆と。老大師は前半絶好調でハーフ40の好スコア、私はスイングが乱れまくって56の大叩き。しかし後半は状況が逆転して、老大師は疲労とともにクラブコントロールを失われて50に。私はどんどん復調して44にまで持ち込んだ。だからゴルフはやめられない。


夕食は近所の焼き肉屋で一献。早めに帰って椎名誠「カツ丼わしづかみ食いの法則」をベッドで読む。20代のころから読んでいる作家だから、過去の無茶ぶりも現在の老境もなんとなく同世代的にじわっと同感できる。あきらかに筆力は落ちていて、新作が出るたびに「もうこれで最後にしよう」と思うのだけれど、同時代性がまたAmazonのクリックを押させてしまう。


支那麺「はしご」で始まる東京食日記。「駒形どぜう」に「いもや」にみる首都の良心とは。

イメージ
大阪へ行っとったなあと振り返る間もなく東京なのである。富山から最終の「特急はくたか」と上越新幹線を乗り継いで、とりあえずたどり着いた。晩飯に駅弁というのはどうもわびしいので、空腹を我慢した。有楽町というか数寄屋橋の「はしご」にて坦々麺。こいつは東京へ行くたびに食わずにおられない大好物なのだ。


今回のお宿はホテルグランパレス。20階の部屋から金の玉ねぎを見下ろす。しかし東京はPM2.5なのかスモッグがひどいね。ただ市内の緑は富山より豊かな感じがする。


朝10時から仕事・打ち合わせ・総会出席・仕事と重ねて、それでも16時には予定が終了してしまった。今回は黒部の老大師とごいっしょで、互いに美酒佳肴には目がないから、明るいうちからハイボールをやろうということで衆議一決。銀座の名店「ロックフィッシュ」でこの日のスタートを切った。


老大師にご夕食は何がいいかとお聞きすると「任す」とのことだったので、まだ行幸遊ばしていないと聞く「浅草駒形どぜう」へ。私は小学生のころに親に連れられてきて、その後もちょくちょく敷居をまたいでいるからまあ人を案内するのに不安感はない。


しかし高くなったよなァ。まる鍋が一枚1700円とは。かつては庶民の気安い下手味だったのが高級料理になってしまった。でも山盛りの葱とささがき牛蒡とともにいただくと、こいつは常温の日本酒によろしく、名物のカストリ焼酎にも最適で、ついつい杯を重ねる仕儀となる。老大師にも気に入っていただいて一安心。


それからふたたび銀座に戻り、新橋にも舞い降りて九段下のホテルに戻ったのは・・・まだ11時半だったのです。スタートが早いとさすがの私も日付変更線前に落城するとみえる。

ただ楽しく騒ぎすぎていささかの空腹感をおぼえてしまい、ホテルの近くにあった「博多赤のれん直営」なる看板を見過ごすことができなくなってしまった。ダ~イエットは明日から・・・


土曜日は富山に帰るだけだったので、久しぶりに神田神保町古書店街へ。まずは腹ごしらえで、天丼の名店「いもや」へ。ここの店内が、揚げ物専門店なのにいつ行っても磨きたての清潔感があるのは、なんというか凄みを感じさせる。


天丼にシジミのみそ汁がついて600円はいかにも東京の良心で、増税で50円上がったのはやむを得ないところ。変化といえば(私が記憶する限り)ここ20年ぐらい揚げ手をつとめていた兄さんが若い職人…

血圧が下がった?至高のトマトジュース。出張とゴルフと。そして頑張れ阪神えらいぞロッテ。

イメージ
10日ほど前のこと。「匠の技術商店」に注文していたあるものが届いた。2泊3日の出張から戻ってから、自宅にいるかぎり毎朝コップに一杯飲んでいる。


サンダーバードに乗るのは楽しい。車窓からの風景も新緑の時期なかなかのものがあるし、読書空間としてもヒルネ空間としても貴重である。月に一回くらいなら。ここんとこサンダーバードで大阪へ、「はくたか」で東京へと今や全国でその数を減らす一方の在来線特急に毎週のごとく、下手すると週に2回も座乗している。

富山駅「源」謹製の新作駅弁「つるぎ」。レトロなイラストが旅情をそそる、ことを計算に入れつつ、鱒の味噌漬焼やら翡翠こんにゃくやら、赤巻蒲鉾やらの富山名産が上手に配置されている。こういう上出来の駅弁をいただくと「やはり駅弁は幕の内にとどめをさす」と看破した松村雄策の慧眼に驚き入る。


しかしこの出張はすでに10日も前の出来事だったのだなあ。大阪じゃ役員に厳しいご指導をいただいたり、驚天動地のプロジェクトの打ち合わせをしたり。せっかく関西に戻っているんだもの、土曜日は在関西のご関係の皆様とレークスワンゴルフクラブへ。ミニコンペにしたのだけど、96でベスグロってどうよ、感じですよね。


日曜日はありがた~いお方が甲子園のアイビーシートへご招待してくださったので、阪神‐ロッテ戦を応援に。私は動脈が黄色で静脈が黒色であると言われるほどの阪神ファンではありますが、パ・リーグじゃ長年のロッテファンでもあるのです。昭和49年以来になるから、40年来のごひいきで、相当なもんでございましょう。だから本日は勝敗にこだわらず。


しかしビジターズスタンドに陣取った5000人くらいのロッテファンの応援のすごいこと。残り5万人の阪神ファンがたじたじとなるほど。凄いっす。昔は川崎球場で観客の数が実際には1000人もいないような閑散としたものだったけどなあ。マリーンズになってからの営業努力が本当に素晴らしい。


結果的にはロッテがほとんど攻撃していて、長~い試合になってしまった。閉店前の大丸梅田店に突入して弁当を購入。20時56分大阪発のサンダーバードが富山に到着するのは24時12分。ほんでもって明日は仕事かよ~って遊び呆けているのは自分だから仕方がないか。

ヒレかつ弁当に大好物の鯖をオプションとして。閉店前の投げ売りで半額だったので500円そこそこでゲット。めでたい。