投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

大阪〜東京〜大阪:大阪〜三島〜御殿場〜東京〜大阪へ。さすがにぐったりの一週間です。

イメージ
忙しいと精神のバランスを取るためにせっせと遊ぶ。といって私の遊びなんて、ぐだぐだと深夜まで酒を呷るか、ゴルフ場で歩き回るかしかないのだけど。問題なのは精神の疲れがなんとかなっても肉体の疲れがなかなかに回復しなくなってきたことだ。

疲労回復の基本は睡眠です、なんてテレビとかが「したり顔」で言うけれど、56歳にもなるとそんなに長時間は眠れないのね。常用している睡眠導入剤「マイスリー」を服用したら、ググッと寝付けるけどいいとこ5時間で目覚めてしまう。

仕方ないから食べて頑張るのね。先週の日曜は格安うなぎチェーン「宇奈とと」で「うなとろ丼」に赤だし。800円なり。大して期待していないけど、裏切られもしない。


月曜日はヒコーキで東京日帰り。朝の伊丹空港がすごいことになっていて、手荷物検査場が四重列に折り重なった行列で、なんと40分待ちだった。おかげで出発が30分押して、羽田到着が40分遅れ。

行楽にお出かけのシルバーエイジ諸賢にお願いしたい。リュックの奥底に植物標本採取用のハサミやナイフ、余分なライター、手持ち以外のペットボトルなど潜ませるのは本当に手荷物検査の進行を著しく遅延させるので、絶対にお避けいただきたい。
空港側も、「観光レーン」と「ビジネスレーン」くらい分けてくれないものかな。
おかげで1時からの会議に、昼飯抜きで臨むことになってしまった。帰りは帰りで、阪神高速の渋滞が予想以上で、大切な会食に遅れてしまった。

火曜日からは最近には珍しく東国行脚である。まずは三島へ。盛大に荷物を抱えていたため、のぞみ〜こだま乗り換えを嫌ってひかり号に乗車した。新幹線のぞみ号が大概に満席で、隣に座る人物次第ではかなりストレスのかかる乗り物なので、まあひかりは空いているだろうなんて。なんて甘い見込みだったのでしょう。

隣席は入れ替わり立ち替わり。この寒いのに半袖一枚の西洋人(アクセントは英国風)が京都で降り、京都からは難しい顔をした初老の男性が、何が面白いのかひたすら日経を精読しながら静岡まで。静岡からは若いサラリーマンが乗ってきて、私が三島で降りる時もひたすら書面に目を落としていた。

自分が常用しない列車って、暇人しか乗らないから空いているに違いないなんて、全く勝手な思い込みでしかないんですね。しかし日本のビジネスマンは新幹線に乗るなり、書類をひろげ、あるいはPCを開いてカチカチと…

博多の24時間ラーメン店では、早朝からキャバクラの営業会議。しぶとい風邪に悩む日々。

イメージ
毎週のごとき博多通いが続いている。22時くらいまで仕事をして、遅い晩飯の後に中州や薬院のバーなどに繰り出して、屋台か終夜居酒屋で幕を閉じる。愚行の連鎖である。
この街は終夜営業が好きなのか、博多ラーメンにも24時間やっているところがある。飲んだ翌朝に平気でこんなものを食べてしまえる56歳にも困ったもんだ。

カウンターの並びに、ついさっきまで営業していたと思しき水商売系の、しかも30歳そこそこのカップルが。会話内容が「キャバクラ営業における限界利益の創出」「売上主義から利益主義へ」「年3ヶ月は必ず来る赤字月を、女子従業員を減らさずにどう乗り切るか」と言った、高度の経営会議なのね。
2ブロックを完全に金髪にした、エクザイルの誰かさんみたいなお兄さんと、白いモヘア地のミニワンピースにロングヘアーの、いかにもそれ風なお姉さんと。豚骨ラーメンに、朝から餃子と酢もやしでがっつり行きながら、レベルの高い会話が続くのでした。


いかに九州といえど、博多はやはり日本海側で結構寒くて、大阪に戻った水曜の夜は風邪がぶり返しそうな気配に。そんな夜は熱燗と湯豆腐に限りますな。


しかしどうやら本格的に風邪が復活したようで、木曜日はきっちりと禁酒。近所の定食屋でご覧の健康メニューとした。


さらに金曜日。どうもまだ治りきっていない感じなので二夜連発の禁酒と相成った。熱も鼻水も出ないけど、咳だけ止まらない。


週が明けても咳は止まらず。なぜか飲酒している間だけ咳き込まないのだけど、アル中じゃあるまいし、起きているあいだじゅう飲んだくれるわけにもいかない。

お医者様の診断によると別に喉や扁桃腺がきつい炎症を起こしている訳ではないらしい。
花粉によるアレルギーの可能性も高いらしい。
秋の夜長にコンコンと、色気のない話でもございますね。

大阪で大酒飲んで風邪ひいて。

イメージ
博多や東京ばかりでなく、当然ながら生活のベースは大阪にある。肥後橋方面で打ち合わせがあったので、久しぶりに「肥後橋南蛮亭」へ。激辛のチキンカレーと牛の心臓を煮込んだモツカレーの合いがけ。かつては軽々と完食していたのだけど、さすがにもう無理ですね。トシはとりたくないもんだ。


天満の居酒屋で湯豆腐と熱燗。正しく50オヤジの晩酌ですね。いよいよ秋深し。


バーを三軒はしごして、ケータイのカメラに残った撮影時間が午前4時半。24時間営業のトンカツ屋にいたらしい。食べた記憶もないんだけど。


バカな生活を送っていたら、風邪をひいてしまった。医師の診断ではウィルス性の咽頭炎とか。平熱35度の身体に37度はひびきましたね。会社を休んで1日寝込んだ。体力をつけるために王将でスタミナラーメンと餃子。


熱があると普段「甘いものなんか食えるか」と粋がっているのに、妙にこんなものが欲しくなってしまう。しかしまことに昭和な色合いですな。


1日寝込んで二日間禁酒して。炎症を起こしている時には大酒飲みの私も酒を断つのです。治った記念に堂島「インペリアル」のカキフライを。ここのな小粒なカキをいくつか合わせて揚げてあるのでとてもジューシィにして食べ応えがあるのです。


久しぶりに大阪でおバカな一週間を過ごしたら、またまた東京博多の暮らしが始まることになっていて、なかなか楽な落ち着いた暮らしにはならんなあ。