投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

朝からステーキ。定番無視の食生活とは。

イメージ
雑誌「サライ」の人気企画に「定番・朝めし自慢」てのがあって、各界の重鎮というか老いてますます盛んな方々がその壮健を支える朝食を紹介しておられる。皆さん朝から考えられた、バランス上々な(しかし誰が作るんだろうと思うくらい手の込んだ)品々を並べとられますねえ。
こちら大阪の下町・天満に逼塞する窓際かつ定年待ちの独身サラリーマン。徒歩2分に24時間営業のスーパーがあるので、思い立ったら、朝からどんなもんでも仕込んでしまえる、とんでもない環境におります。朝めしはとにかく思いつき。
と言いつつも、最近の過激朝食を。最近、近くの24時間営業スーパー輸入の「アンガスビーフ」を売り出して、これが安くてウマイのです。赤身でそれなりに歯ごたえもあって。こいつを朝から焼いて、パンに挟みつつサラダと食べます。ドナルド・トランプになった気分。

朝の早いゴルフに出かける時には、「すき家」でミニ牛丼。温泉卵をのっけて、おしんこ付けて。ホームランがティーショットでなく、バンカーで出てしまったのはご愛嬌ということにいたしましょうか。


トマトスープなんかも朝からチョチョっと作っちゃいます。玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒めて、トマトジュースを注ぎ込み、コンソメの素を加えてひと煮立ち。塩コショウで仕上げれば、なかなかのもんになります。パンにはハムを3枚くらい挟んでやると食べ応えもじゅうぶん。


軽い二日酔いで、何にも作りたくない。そして何か刺激が欲しい時は、出社して30分をなんとかしのいで、用事があるふりをして外出〜堂島地下街のインデアンカレーに潜入いたします。いいですね朝からの辛口カレーって。鉛のように重かった胃が動き出すのを実感いたします。


東京では常宿を新橋においておりまして(東急ステイ新橋がお気に入り)、冬場の朝は駅前ビルまでひょこひょこ歩いて、大好きな「小諸そば」にまいります。ここは「あつもり」をやってくれるんですね。熱々のせいろ蕎麦を、卵を落とした、いかにも東京な「濃い」ツユにに絡めていただくのは、これも一つの至福でございますね。


さて、明日の朝はなんにいたしましょうか。カツ丼なんかもいいですよねえ。

麻婆豆腐リターンズ。英国正調コールマンマスタード。会社OBの手打ち蕎麦。「スタミナそば」の謎。

イメージ
大阪リターンズである。何につけても美味しくてしかもリーズナブルな博多なのではあるけれど、駅売りの駅弁だけはいただけませんですねえ。この日も遅くに戻ったのだけど、途中で駅弁に頼らず、改めて外食するには疲れ切っていて、冷蔵庫の中をあさった挙句に豆腐と肉のはじっきれが残っていたので麻婆豆腐とした。ネギ・ニンニクを刻んで炒め、豆板醤と甜麺醤をくわえて、レンジであっためた豆腐を適当にぶち込んで、水と鶏がらスープ(もちろん顆粒のもの)を足して、水溶き片栗粉でとじてしまう。典型的独身向け簡単メニューですね。

友人がコンビニのサンドイッチをトースターであっためて、コールマンのマスタードを塗ると、かなりのもんよ、とのたまっておられたので刺激されて購入した。やっぱりハウスやSBの辛子はそれはそれで重宝かつ便利なのだけれど、やはり英国伝統の技は違いますね。


冬場の大阪では、機会をとらえては会社近所の「インペリアル」へカキフライを食べに行ってしまう、パラノイア的ランチタイムではあるのですが。また行ってしまった。本当にこれだけはやめられないウマさでございます。


自宅近所に会社の元上司が「蕎麦屋」を開店した。あまり広めて欲しくないらしいので店名を記するのはやめておきます。拙宅から半径1キロの範囲ではベストの蕎麦屋だと思います。普通会社のOBとかが蕎麦屋をやると、ザルの上に文字が書けるほどの量で、しかもへんに固くて(歯ざわりと硬度を勘違いしてるんですね)、おまけにそんな希少品みたいな笊蕎麦に900円なんて値段をつけたりするもんだけど。
量・質ともに誠実な蕎麦でした。「もう広めていいよ」と言われたら、店名含めてプロモーションいたします。


お師匠様も走り回るという「師走」にはいって、窓際の私さえもいささか慌ただしく。このサイトもほとんど更新できておりませぬ。の〜んびりと昼飯が食えないときは、それを口実にして行っちゃいます。関西人のアイデンティティともいうべき「インデアンカレー」なら、待つこと1分、食べて2分。すんばらしい。


それすらも叶わないときは、ドーチカに降りてすぐにある「都留」へ。まあ立ち食い蕎麦にスツールが並んでいる程度の店なのだけど、早いからね。しかし、ほとんど具が入っていないかき揚げに生卵を落としたものがなぜ「スタミナそば」なんでしょうかね。関西一円の立ち食いそばでは、ほとんどそうなんですが、他地…

糖質万歳。餃子にときめき。カキフライの興奮。

イメージ
まあね。身過ぎ世過ぎといいますか、生きていくためには仕事もせねばならず、窓際定年待ちサラリーマンといたしましては仕事を見つけては西へ東へと移動を重ねております。
それでもたまに大阪でのんびりということもありまして。

実は私、炭水化物・糖質というやつが大好きで、そばうどんの類にちらし寿司とか太巻きとか、ましてやいなり寿司なんかセットになったらもうたまりませぬ。近所の「天一更科」には下のような「強烈糖質セット」がありまして、いやはやありがたい限り。


学生時代〜社会人初期に京都で住んでいたせいか、「餃子の王将」には、このトシになってもまだ誘惑されるし、胸がちょっぴりときめいたりもする。


冬が好きなのは、カキフライが旨くなるからかもしれない。会社の近くにある「インペリアル」なる洋食屋のそれは、小粒のカキを二つ三つ抱き合わせにして揚げてあり、刃を当てた途端に海の精気が一気に弾けてくる。


などと大阪で機嫌よく過ごしていても、またもや週末は博多でお仕事。これはこれで、また大いなる喜びでもあるんだけど、あまり正直に書いちゃうと色々差支えもございまして。