投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

妻が秘密。隠しごとの立山連峰。

イメージ
風薫る五月とはいうけれど。スミレの花が咲く頃ではあるけれど。思い立って連休は富山へと出かけることにした。7年間住んでいたうちでも、こんな晴天なかったような。この絶景を見ながら何をしていたかは、ちょいと秘密。別に法に触れるわけじゃないけど。


魚津から富山地鉄に乗って、立山まで行ってきた。地鉄富山駅で。手前が元西武鉄道の特急「レッドアロー」で、真ん中が元京阪特急、奥が元東横線で、あまりに「元」ばっかりで、どっかの政党の立候補者みたいだね、蓮舫さん。富山に住んだ頃は会社の窓から見える鉄橋にレッドアローが走っていてびっくりしたものだった。


大阪は南森町にある「麺屋じゃんぷ亭」へ。もやしいためラーメン煮卵のせ。家の近所にある有名店なのだけど、行ったことがなくて。旭川ラーメンなのだそうな。旭川の「蜂屋」とかで食べたのとは違うような気もするけど、旭川へ行ったのってもう20年以上前だから、記憶の方が間違っているのでしょう、きっと。


こどもの日には、高校の同窓会ゴルフで猪名川グリーンGCへ。なんつーか、高低差がすごくてスキー場みたいなコースは魚津国際CCが日本一だと思いきや、我が故郷にもっとすごいところがあるとは。いやまあ凄すぎて、も一度挑戦して見たいっす。

夜の宴会では、孫の話やら嫁の話やら。あとお定まりの不健康自慢大会があって、独身で嫁どころか妻も子もない私にはいささか疎外感もありましたが、でも上下左右を気にせずに馬鹿言って笑えるのはいいことですねえ。


連休が終わるやいなや、as soon as 東京へ。定年も近いことだし、最後のご奉公シリーズのお仕事だと思って、精一杯やっている(つもり)。


開高健の同僚であった元寿屋宣伝部、小玉武による開高健の評伝を読んだ。まあよく調べたもんだ。あの傑作「夏の闇」に出てくる「女」はモデルが実在すると言われているけれど、私は複数の女性が合成分解されたものだと思っていた。著者の見解も同じだった。私の見立てでは「女」の3割は開高夫人である牧羊子なのだけれど。

谷沢永一などによって、牧羊子はクサンチッペか夏目鏡子以来の悪妻ということにされている。でも、私は開高が実は生涯にわたって最も「可愛い女」と思っていたのは牧なのではないかと推測している。


私もいつか幽冥界へと旅たつ日が来よう。その世界でもし開高に出会うことがあれば、聞いてみるつもりである。
「オ…

長寿健康なんて知るもんか。糖質ダイエット、なにそれ? 2017年の4月を一気に総括するのだ。

イメージ
先日、秀逸なコピーに出会った。「ボケる前に死ね」全くその通りである。感銘したので4月は当欄の更新もせずに不健康を追求した。

東京へ。寿司屋で安く食べるには、寿司を食うのに限るのであって、多少の酒と寿司だけをいただく。驚くほどリーズナブルになる。


一旦大阪へ戻って博多へ。そして博多から東京へ。羽田空港の国内線スポットになぜかスペイン国王の専用機が駐機していた。デザインがシンプルにして上品かつ上質で、ZARAの服みたいだ。


お出かけばかり続くから、たまに帰宅すると新聞受けがこんなことになる。まとめて読む気ににもなれないから、日曜版の書評と月曜版の「毎日かあさん」だけを読む。というか私が毎日新聞を愛読する理由はそれだけなんだけど。


酔っ払うとなぜか炭水化物が猛烈に欲しくなる。「餃子の王将」が開店している23時までにできあがると、気がついたらカウンターで炒飯と向き合っている自分を発見したりする。一口だけで止めようと思っても、気がつくと全部平らげていたりして、なぜか魔術的なウマさがあるんだな。


なんでトランプが大統領になったのか。岩波新書の「トランプ王国」を読むと、アメリカにおけるマジョリティはNYとかLAにあるのではなくて、アパラチアとか、いわゆる「田舎」にあることがよくわかる。
アメリカ人気質がどう形成されたかについては、これは「もっともアメリカ人らしいアメリカ人」と言われるマーク・トウェインをひもとくのが最善の道である。と、喝破したのは尊敬する文豪開高健だった。


健康や長寿はfuck off としても、スタミナは欲しい。57歳、食欲だけでなく諸欲旺盛なので、レバニラ炒めも餃子も大好物なのだ。さらに白飯をガツン!といただく。おフランス料理でワインとかいうより、舌と肉体は確実に喜んでいますね。


またまた東京へ。なぜか私が新幹線に乗ると、隣にうら若い美人が座ることが多くてね。そうなるとイビキかいて寝るのもためらわれるし、漫画週刊誌を広げてムフフとひそやかな笑い声を出すのさえ遠慮してしまう。そんなストレスを3時間近くも感じていたくないから最近はヒコーキを愛用しておるのです。


東京から富山へ。何しろ富山県民7年間だったから、行きつけの寿司屋などもありまして、旬のホタルイカを。湯がきたては、やはり年に1回は味わいたい逸品であります。


かつての住まいがある、松川べりは桜が満開だった…