投稿

8月, 2011の投稿を表示しています

どじょう総理 誕生。

イメージ
菅総理大臣は最後の最後になっても、朝鮮高校学費無料の復活など妄言を重ねた上で官邸をあとにしました。ご自身の出自が北朝鮮で本名がカン・チョクトではないのかなどとネットで騒がれてましたけど、このふるまいを見てるとホンマかいなとも思えます。


ネットじゃこんな画像まで流れていました。在任1年と3カ月。448日。その間に日本国債の評価を下げ、超円高を招いて産業界に風穴を開け、行かなくてもいい原発視察に震災直後に出かけて現場の混乱を招き、あまつさえ震災対応はすべて後手に回りました。政治家は国民をうつす鏡とは言いますけどねえ。


リビアのカダフィ大佐は、42年間にわたってかの国で最高指導者の座を占めていました。その間わが国ではなんと23名の総理大臣が入れ替わり立ち替わり。。平均で二年持ってないんですね。とくに近年、安部晋三366日・福田康夫365日・麻生太郎358日・鳩山由紀夫266日とほとんど一年持ってません。野田さんには国民の支持を得た上でせめて任期を務めてもらいたいものです。


ご自身をドジョウに見立てて演説をなさっていました。wikiによれば「ドジョウは個体差はあるが、危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜る事があり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返されることがある」と記されています。
うち続く国難の中、国内をひっくり返しただけでご自分は砂の中に潜って出てこない、なんてことはやめて下さいね。


食材としてのドジョウはカルシウムが豊富で、更にその吸収を促進するビタミンDを多く含んでいるとか。解毒作用も強くて、ドジョウを食べつづけると10年若返るとも言われています。季語では「夏」にあたり、たしかに暑い中になお煮え返るドジョウ鍋をつついて思い切り汗をかくのもいいもんです。


隣県の金沢市では、夏のスタミナ食としてドジョウの蒲焼を食べる習慣があります。地元の人はウナギより精がつくと申してました。震災以来疲れ果てている日本の夏バテを解消していただきたいものです。

ちなみに野田さんの父上はおわら風の盆で有名な富山県八尾市のご出身とか。何かと北陸にもご縁があるようで。

ジョブズを目指してザビエルへといたるもの。

イメージ
人は時として厳しい現実に立ち向かわなければならない。目前の惨状にたいして視線をそらすことなく直視して、冷静に問題点を抽出し課題解決の順序を組み立てるべきである。
かような時に現実を逃避するなど論外だし、まして惨状を隠蔽して見えなくしてしまうなど人としての見識を疑われる行為だと言っていい。


さて先週末から四日間行なわれましたる富山競輪、年に一度の富山記念瑞峰立山杯争奪レース。四日間を通じて三万数千円の投資に対して回収が全くのゼロとはこれいかに。私は三連単の二百円車券専門だから、二百枚以上の車券を購入して一枚も当たらなかったんだな、これが。
奇をてらって気まぐれの数字を記入していた訳ではありませぬ。きちんと競輪専門紙を購入・検討した上での完封負けなのです。博才のなさもここまでくれば悲劇を通り越して喜劇的ですらあります。


しかしバクチの負けを云々するつもりはありません。運不運を嘆いても意味がないから。

問題は別に発生したんですね。競輪場の場内テレビ(か競輪チャンネルの中継)で、車券を検討する我が姿が偶然に映し出されてしまい、今まで気付かぬ振りをしていた現実に直面してしまったってことなんです。

おお神よ慈悲深き存在よ。マークシート式の車券購入用紙に一心に予想を記入するわが後ろ姿に祝福あれかし。この世の矛盾と悲しみを癒したまえ。いと高くホザンナ。こころからハレルヤ。私の後頭部から頭頂にかけての一地帯にもあわれみと恵みを与えたまえ。


スティーブ・ジョブズみたいに前頭葉から攻勢が始まっているのなら、日々鏡を覗き込むたびに現実を直視することができるでしょう。そこからは本人の主観のままに、積極的に反攻を開始するのか、あるがままに現実を受け入れるのか考える時間というものがあります。

しかし頭頂並びに後頭部から忍び寄ってくる惨状は、ある日突然現実がふりかかってくる訳で、とりあえずは「慌てる」ことしかできないんですね。

私は勇を奮ってより現実と向き合うために、携帯電話を首の後ろから振りかざして被災地の現状を確認することからはじめました。ベトナムの密林が米軍の枯れ葉剤散布によってほとんど裸にされた姿が思い浮かべられました。あまりに惨めな写真でありかつまた他人様のご気分を損ねかねないので公開は控えさせていただきます。


脱毛の要因として「刺激物の過剰摂取」「アルコール」「喫煙」「睡眠不足」があ…

カダフィよどこへ。淋しい時代と思わないか。

イメージ
スパイ小説とかシュミレーション小説とか、好きなんです。あり余る時間を持った独りもんなんで夜の帳がおりてまいりますと、さて今宵はいかがしたもんかと指の持っていきさきに悩むのですね。いちばんイージーなのは酒瓶とグラス。ボトルのむこうに桜木町の美姫でもいればもうなにより。しかし毎晩とはいかない。身体と財布が追いつかない。

軽く残業して、牛丼とか生姜焼定食とかのハラにたまるものを素早く摂取して、家に帰ってシャワーでも浴びてからスリル満点のスパイ小説などを読むのはオトナの楽しみであります。


クライブ・カッスラーの一連の作品などほんとに時間をうっちゃるにはええんですけど。カッスラーは自分一人で書いていた「ダーク・ピット」ものを3つの流れにわけて、3つのシリーズとして書きついでいます。独りじゃ大変と見えて編集プロダクション形式を取ってるようで。日本でいえばゴルゴ13のさいとうプロだな、さしずめ。
各作品はいずれも古代の財宝から、滅び去ったはずの文明の再発見とかの荒唐無稽なサプライズがあってその大胆な設定に驚きます。しかもそれにからんで私利私欲のために地球環境や文明を滅ぼしてしまおうとする悪党がいて・・・毎回上下2巻を手に汗握って読んでます。


ただかつての「ダーク・ピット」シリーズとちがうのは、悪党の品質低下なんですね。地球文明の存亡に関わるような環境変化をもたらす科学兵器を開発し、運用しようとする悪党がなんかせせこましくって。カネだけのためにそこまでやらんやろう、と思ってしまうんです。


ソビエト連邦当時のGRU(国家保安局)のイニシグニア。1980年代までは西側のスパイ小説家は鉄のカーテンの向こうにある不気味な国家を必要以上に悪の巣窟と想定して、いろいろ書いていましたものねえ。敵役もKGBとかスペツナズとか。無用に領土拡大を図ったり核戦争の引き金を引こうとしたり。

崩壊後は、すっかり資本主義化してしまいましたから。せいぜいロシアンマフィアがでてくるくらいだけど、国家的陰謀にはならないし。そんなこんなで「旧東側諸国」が敵役からしりぞいてからは、アラブ諸国が悪役をひきうけていました。サダム・フセイン、オサマ・ビンラディン、PLOアラファト議長などタレントもそこそこ豊富でしたし。しかるに近年、皆さん第一線から姿を消してしまって。


ご本人が「今ここにある危機」に瀕していますのが、向かっ…

夏こそ食欲~裏日本最高のイタリア料理

イメージ
夏太りと人は言う。節電の夏、どこに行っても暑くてやりきれないからせめて身体がへばらないようにしっかり食べる。空調が弱い分涼を求めてアイスクリームやらかき氷、清涼飲料水を摂取しすぎてしまう。汗をかくからビールがうまい、ビールのアテにはどうしたって揚げ物とかのハイカロリーなものがおいしくって、唐揚げとか串カツを食べ過ぎてしまう。

肉団子もいいですね。ビールの友。
私は精神力の強い男だと自称しているので、上記のような理由で体重を増やしたりすることはない。3食きちんと栄養のバランスを考えて、カロリーを計算して、克己心を持って生活を自律している・・


・・・わけなんかないよね。喰いたいものも喰わず我慢に我慢を自らに強いて、馬齢だけ重ねてどないなるねんという方が私のモットーなんで。克己心とか自律とか縁遠い生活を送ってます。
お盆休みも半ば仕事だったけど、篤志家の姉様が越中まで来られていたので美味しく楽しく過ごしました。写真は富山市千石町「まるぜん」の特盛り蕎麦。盛り蕎麦にしてざっと5人前が盛り込まれています。二人がかりで食べたけどなかなかの喰い応えで、満腹。男女五十路にして色気より喰い気。




偶然予約が取れて15日の夜は魚津の「ルチアーノ」へ。誰が何と言おうと私にとっては裏日本随一のイタリア料理店なんですね。この日は暑かったけどビールじゃなくってカンパリソーダから始めて。




店の入り口に「本日予約満員」の札が下がってるけど、テーブルセッティングは二人分だけ。今宵も貸切扱いでございます。

アンティパストは手前から時計周りに「トリッパの冷製」「シャラン鴨のローストバルサミコ風味」「ブロッコリーのピクルス」「富山湾産イワシのエスカベーシュ」「タコとセロリのジェノベーゼ」「サンマの温燻とカポナータ」真ん中が「マンゴーとトマトとホタテのサラダ仕立て」で、ハウスワイン(たぶんフラスカーティ)の白をデカンタで飲みながら。幸せな一晩の幕開けです。


ほの暗い店内でフラッシュなしで撮影したのでピンボケはお許しを。「魚津産バイ貝のグラタン」は、どこで入手しているか不明ながら極上の生クリームとソースアメリケーヌがとけあって、生ウニを裏越しにしてピュレにしたようなお味。しかし生臭さのかけらもない。スプーンがわりのパンも自家製。


ひと口サイズのカルボナーラ。濃厚にしてさわやか。さしずめ熟女にして少女の爽快さを持っ…

JRは九州に限る。ラーメンも。

イメージ
皆さんが夏休み盆休みと民族大移動をしているなか、お仕事で九州は熊本へと行ってまいりました。厳密に仕事は熊本だけだったんですが、ストレートに富山へ帰る手立てがないことを口実に博多に寄ってついでに中学以来の級友と旧交をあっためて。いささか公私混同のニオイがしないでもないですな。

九州新幹線「さくら」
富山から熊本へいくには、まず特急サンダーバードで京都まで。そこから山陽新幹線経由で博多へ。さらに九州新幹線で熊本へ。片道ざっと7時間で今どきではなかなかの長旅かと。いつもサンダーバードで大阪までの3時間半でさえぐったりしてしまうのに。大丈夫かいなと杞憂しつつ車上の人となったんですけど。やっぱり新幹線は快適ですね。疲れなかったもの。


九州新幹線って、車内放送が4カ国語なんですね。日本語・英語・中国語に韓国語まで。やっぱりアジアの玄関なんだなあって実感したりして。博多駅構内もハングルの案内が充実していて、水中翼船ビートル号で簡単に釜山と往還できるってやっぱすごいことなんだ。


何しろ一日に4〜5便が運航していて、片道ざっと2時間半で往復が格安券なら1万5千円だって言いますから。日帰りで釜山の免税店に通う人たちを「ビートル族」と呼ぶんだと。

JR九州は車両のエクステリア・インテリアが優れていることで知られていましてね。デザインの共通性を出すためにドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治にすべてのデザインを一任しているから、どの車両に乗っても一脈通じるものがあります。デザインなんか気にもしないで「詰め込んで早く運ぶ」ことをモットーに、旅客を宅急便の荷物と同じようにしか考えていないJR西日本とえらい違いではありませんか。


普通車両の座席がこれだもんなあ。鉄分豊富な私は鹿児島〜川内間がテスト開業されたときも、開業2週間ほどでわざわざ乗りにいったくらい。素敵ですね。社内全体を木目を基調にして、窓のブラインドも木製だし。「モノ」じゃなくて感情を持った「ヒト」を感動させながら運ぶんだという決心が伝わってまいります。

これが鹿児島から博多まで走ることになったら、絶対に乗ってやるんだと決心していた。だから今年の3月12日の開業は心待ちにしていたのです。ああしかし運命の3月11日。こたびの震災と原発事故で、開通記念に浮かれて九州旅行って気分じゃなかったからねえ。オンエアわずか3日でストップしてしまった開通キャ…

天神橋筋商店街 玉出キャベツ長焼きの記

イメージ
商店街はどうやったってやっぱり天神橋筋にとどめをさす。四国高松の丸亀商店街もエレガントだし、岡山の天満屋裏の商店街もいい感じで昭和レトロでそれぞれに味わい深いんですけれど。その庶民性と過激さにおいてはやっぱり天満でしょうと、大阪出身者としては思わざるを得ませぬ。


あのそのあの。イタリアン仏具とはこれいかに。イタリアと言えばローマカトリックの総本山であって、浄土真宗門徒が多数居住していると思えないんですけど。天満の仏具店では神仏も驚愕のフェアが開催されておりました。


大阪では珍しくないけど、スーパー玉出の店頭です。パチンコ屋ではございません。ここのプライスリーダーは例えば牛肉1グラム1円なんてセールでもやってしまう。野菜も安くて青ネギの大束が156円とかで売られていたりもする。


さすがに節電の夏。店内の照明はいつもより控えめだけど、それでもスーパーの店内とは思えない派手さでですねえ。鮮魚売り場では石川県産の天然ハマチが一尾598円で、さすがに富山の大阪やスーパーの298円には負けますが。


酷暑期間中の朝メシはおおむね素麺なんで、麺つゆは不可欠な生活なんです。関西人のこいつがないと困っちゃう商品「ヒガシマルめんスープ」4倍濃縮でリーズナブルだし、薄口醤油ベースで素麺との相性は抜群だし。こたびの震災のせいでペットボトルの供給がままならず、ガラス瓶に切り替えられていたため、宅急便で富山に送ることを躊躇していたのだけれど、ようやく生産が旧に復したらしい。ありがたし。


名物のキャベツ焼き。小型のお好み焼きに玉子をひとつポンと落としてひっくり返して軽く火を通す。ソースをたっぷりかけるといいオヤツになります。しかしこの日は別にしっかり食べたいものがあったので残念ながらあきらめました。


天神橋筋商店街の面白いところは、すべてがB級なだけでなく、ところどころにホンモノがひそんでいることにもありまして。漫画家のラズウェル細木が本邦初の鰻マンガ「う」で絶賛した鰻屋がこうやって静かに営業していたりします。


江戸風のふんわりと蒸し上げた蒲焼きもおいしゅうございます。しかし関西人の私といたしましては、カリパリッと焼き上げた上方風の長焼きがやっぱり口に合うんですね。越中富山はう鰻屋が少ない上にすべて江戸焼きなので、久しぶりに故郷の味を堪能したのでした。

それいけ!阪神タイガース!!

イメージ
というわけで対ヤクルト3連勝さらに鬼門のナゴヤドームで能見があわやノーヒットノーランの快挙。阪神ファンは暑さも忘れてルンルン気分のここ数日。行ってまいりました大阪ドーム。8月7日(日)ヤクルト3連戦の最終日に。


大阪ドームは駅から距離があるのが難点で、JR大阪環状線の大正駅からざっと15分ばかり歩かないといけない。300m歩くのにも抵抗してクルマに乗りたがる富山ネイティブ県民には考えられへんやろなあ。私は故郷へ帰ってしまえばオオサカ市民に戻ってしまうので全然平気。

ちなみに私の出生地はこのドームにほど近い大阪市港区西川口で、いまはともかく半世紀前はかなりヤバい危ない土地でした。荷揚げ場だったので沖仲仕やそれを差配する暴力団、その他たくさんの今では文字に書けない商売の方々がおられた模様です。子育てには理想的な環境だったかと推測する次第なり。


野球観戦に不可欠なもの。スコアブックでもメンバー表でもなく、1にも2にも生ビール。これがなければ始まりませぬ。片手でビールを持って片手でシャッターを切るとえらく手ブレするので、同行の勝利の女神さまに撮影をお願いした。手許の統計によると女神さまとご一緒させていただいた場合、我がタイガースの勝率は8割5分にも。自ら女神と言われるのにも納得せざるを得ず。


ハラが減っては戦はできぬ。この日の弁当は韓国風海苔巻のキムパブ。焼肉キュウリ沢庵ニンジン薄焼き卵に椎茸の甘煮が巻き込んであって歯ごたえ満点。あと写真はないけど鶏の唐揚げを一パック。狭い座席では片手で食べられるものが一番です。


おしとやか(自称)な女神さまは和風おかずの詰め合わせを購入しておられます。多分体重のことをお考えになっているのかな、と推測。しかしご不浄にたたれたついでにイカ焼きなんぞ購入してきてぱくついておられるあたり、ダイエットに向けての自制心はあいまいなものもあるようで。

それより問題は、先発の鶴投手が2回持たずに降板した後、中継ぎ陣が何とか抑えていたのに、あの阿呆の真弓監督が欲張って西村に2イニングを放らせた結果、無死満塁の危機を招いたことであります。先日も小嶋を4イニング引っ張って痛い敗戦を喫したばかりやのに。戦訓・教訓に学ばない指揮官は無能というより有害で、管直人とならんで退陣が心待ちにされるところ。

さいわいその小嶋投手が水際立ったピッチングで窮地を無失点にしのい…

激辛食って青山へ。節電の夏、越中の夏。

イメージ
越中は盛夏が戻ってきたらしく、朝っぱらから気軽に30度を突破している。私のデスクは東側の窓際にあるので、出社前からガラスを通じてお日様が熱心に輻射熱で温めてくれているし。


これは先週の月曜日に撮影したもの。まあ状況は毎朝変わらん。いくらクールビズでも31℃じゃまいってしまう。午前中の勤労意欲はあまり旺盛でないと言わざるを得ない。隣の部屋からサーキュレーターで風も送ってるんだが。室温が28℃になるのはおおむね退社時間ころなので、会社ですっかりゆだった私は家に帰ればクーラー全開、外にいるならキンキンに冷えたビールジョッキってな環境が待ってないと。なん、やってはおられんがです。

暑いときは辛い食べ物で発汗・発散するのも大事なこと。冷たいもんばっかり飲み喰いしていたんでは身体が冷える。というわけで今週はすでに2発やっちゃいました。


火曜日のランチがこれ。根塚「デリー」のタンドリーセットをレッドカシミールで。ここの激辛カレーは3段階になっていて、「グリーン」「レッド」「ブラック」の順になっている。グリーンカシミールは生命保険証書を持参した方がいいとの噂を聞いているのでさすがの私もまだ未体験。もっぱら「レッド」を愛用してます。しかしこれも食後に自らの胃の輪郭をはっきり把握できるほど胃壁を刺激する。途中で水を飲まないのが激辛カレー攻略のポイント。一気に喰いあげて、焼けた喉に流し込む水のウマさよ。


本日のお昼がこちら。新庄の「無鉄砲」でたぶん富山で一番辛いと目される「火吹き醤油ラーメン」。なんかスープが赤黒い。熱いカライ痛い。唇が痛いと言っている。舌が味わうというよりひたすら耐えている。汗と涙と鼻水がとまらない。高校球児の汗と涙は爽やかだが、50オトコが激辛ラーメンで汗と涙にむせんでいるのは醜悪である。怒涛と狂乱の昼食であった。なべて食事と言うもの、平和と笑顔でいただきたいもんである。おまけに食後は胃がヒリヒリするし。


食事の後はお買いもの。天正寺「青山」で、半そでシャツとクールビズ用のグレースラックスを。人生至るとろに青山あり。富山もまたその例外に非ず。どこも節電で暑いから半そでのカッターシャツ・替え上着・スラックスでご勘弁いただいている。先日購入したモノは色目が薄くて涼しげでよかったのだけど。なにしろカレーだ激辛ラーメンだと色の濃い食べ物をよく摂取するせいか、はや数か所にシミ…