投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

新米はブリ照り焼きか松茸ごはんか。東京宿泊事情と朝の「小諸そば」。

イメージ
さてさて越中富山はようやく新米の季節となりました。市内電車「サントラム」も「富山米」をラッピングして走っております。しかしひどいデザインやな。「デザインの街・富山」が聞いて泣けますね。

他人が作ったつまらん商業デザインは仕方がない。自分たちにお鉢がまわってきたら、きちんとクリエーティブなものを作って見せるだけサ。

新米の時期になると、行きつけのショットバーからコメが届く。マスターの実家が滑川の農家なので県民垂涎の的である「農家米」が手に入るのだ。そら丹精して育てたコメのうち「自分がたべるんじゃあ」な部分をいただくのですから。

越中の米には越中のサカナ。ちょうど初物で上がったブリを購って、照り焼きといたしました。ビールにも焼酎にもよかったけど、炊きたてのご飯で最高でした。


某日。大和百貨店の地下にて特売の「アメリカ産松茸」を目撃した。こんだけ入って1080円は安いよね。見かけは中国産と違ってちょっとアルビノが入っているけど、香りはなぜかアメリカ・カナダ産の方が国産品に近いのですね。いかなるDNAの配列なるや。


炊きました。「もうやめてっ!」と言われるほどに昆布を入れてとった「出し汁」に酒と白醤油とちょっぴりの味醂、そして塩加減も微妙に。おかずは出汁巻き・ホウレン草胡麻和え・大根おろし・根菜汁とシンプルに。カロリーなんか考えることなく、ひたすらに松茸飯をむさぼりました。こんな夜は当然ながら禁酒にして禁煙でございます。


炊きたての新米には「鯖の塩焼き」も会うんですよねえ。狭い家でモ~モ~と煙は上げたくないから、「焼き塩サバ」を買って帰って、日本酒と薄口しょうゆ少々でフライパンに蓋をして蒸し焼きにしてやります。焼きたてよりふっくらするから不思議。


10月9日は東京出張で、この日のお泊まりは新橋の「東急ステイ新橋」。最近東京のホテルが慢性満室状態で、この日もシングルがなくてダブルルームでひとり孤独に膝を抱えておりました。然しいったい幾つの枕があるんでしょうね。メデューサでもお泊りになられるのかしらん。それともヤマタノオロチ様か。


お江戸じゃ30数年来になじみのお店をハシゴしたりなんかして、それなりに酔っぱらいました。朝起きて出立したのですが、東京のビルって標高が高いですよね~


お酒を飲んだ翌朝は。東京におりますと「小諸そば」に行く確率が、五十路半ばにしても未だに高し。濃い…

広島へ。「マッサン」実家の酒。ゆるぎない名物としての「広島風お好み焼き」はコテ一本で。前田健太残留を祝う。人類の叡智と見識を広島に祈る。

イメージ
クライマックスシリーズが始まるちょっと前に、広島へ行ってきました。まあ当然仕事なのですが、それはともかく、夕食には瀬戸内の幸と広島の地酒で。いまNHK朝の連ドラ「マッサン」の(現実における)実家「竹鶴酒造」ご自慢である純米酒の数々をいただいてすっかりといい気分に。
淡麗辛口をむねとする北陸の日本酒にすっかり慣れてしまったせいか、コクがあってボディの張っている瀬戸内の酒は効きますね。さらにバーをはしごして深夜1時過ぎに「やっぱり広島はお好み焼きだあ」と、お好み村の入り口にある某店へ。特に名を隠すわけじゃなく、酔っていて覚えてないだけです。
どこの店で食べても他府県人がびっくりするというのが、たぶん「名物」の基準とするなら広島のお好み焼きはまさしく「名物」で飛び込みで行っても私レベルはつねに感銘する。

「皿で行きますか、それともコテで?」と聞かれたので、粉モン文化花開く大阪出身としては、切り分けられた「皿盛り」じゃなく、鉄板から小さなコテ一本をあやつる方を選択せざるを得ませんよねえ。
おかげで口の中はアツアツハフハフの連続で、もう大概な時間だというのにビールの進むこと。


ホテルは三井ガーデンホテルで、最上階から広島市内を一望のもとにしつつ、なんとも品数の多いビュッフェモーニングをいただけるのが嬉しい。しかしこれだけの範囲を一瞬にして焼きつくしたのだから、核兵器なるものはやはり人類が開けてしまったパンドラの箱だな。


朝ごはんのメニューは「フカの湯引き」など郷土料理から一般のいわゆる和食から、定番の洋食から、とにかく日本有数ににぎやかで楽しい。それとさすがに「赤道直火」広島カープ熱烈応援の土地柄ゆえ、ごらんのような「カープふりかけ」まで並べられていました。

前田健太、もう1年は日本に残るようで、たぶん広島にもどってくるであろう黒田と二枚看板、来年こそはペナントを制覇してほしいものです。私はトラキチでありますけれど、巨人ファンのごとく単純無比ではないので、けしてひいきチームに常勝は願いませぬ。


広島エリアの名物弁当に「ムサシのおにぎり」つうモノがあります。市内にも何店舗か。これがどこにどういう秘術がこらされているのかわからないけど、妙に惹かれるのですね。ぎしっと握りこまれた感じでなく、見かけよりふんわりとしていて、広島の空気が封じ込められているから美味しいのかなあ。


富山…

風が吹けば桶屋が。湖西線とインデアンカレー。天神橋筋商店街「天一更科」の「寿司中華セット」の素晴らしさ。石油埋蔵量と海老フライと。

イメージ
湖西線に風が吹き荒れると秋の訪れですね。北陸~関西をせわしなく往還する人間としては、仕事の時間をたてるのに、2時間はゆとりを見ておかないといけない季節の到来です。

「強風のため湖西線を閉鎖、北陸本線回りとなりますので、1時間ほど遅延いたします。お急ぎのところ・・・」なる車内アナウンスはこの5年で幾たび耳にしたことか。

とゆーわけでこの日も1時間遅延。水曜日だったので大阪北新地「榊原」の水曜限定カレーを楽しみにしていたのだけれど断念せざるを得ず。堂島地下の「インデアンカレー」でわずか5分間のランチタイムとなってしまった。



夕方までびっしりと(ある種不毛な)会議を済ませて同期入社のF氏T氏とともにのどを湿らせに出た。先般の阪急十三駅火災で全焼した「十三トリス」が北新地に出店しているので、オールドボーイたちが出撃したというわけである。トシのわりに3人とも元気で、あとは何時にホテルへ戻ったのやら。

翌日は午前中に仕事を済ませて、富山へ戻るのにちょいと時間があったから、懐かしの天神橋筋商店街へ。「大阪弁パイロットショップ」などと言う店ができていて驚いた。この商店街も観光地化しているんですねえ。


「天一更科」はこのあたりに住んでいた十数年間にずいぶんと通った店で、これといって凄いメニューがあるわけじゃないのだけど、何を頼んでも普通に美味しいのが気にいっています。「普通に美味い」って作る側は大変なんだろうけど。


大体ほとんどこの組み合わせだな。「和風中華と寿司セット」で、優しい味わいの和風中華が二日酔いの胃にいい感じです。大阪の太巻きと稲荷ずしは、こればかりは大阪でしか味わえない「きちっと義理堅い酢飯の旨み」で、やっぱり故郷の食い物って評点は甘くなるけど、いいもんですねえ。


加齢のせいか最近頭脳活動が不明瞭化しつつあり、学問の神様菅原道真公をまつる「大阪天満宮」を参拝して帰った。しかし100円玉一つで家内安全学力向上商売繁盛一路平安と、山ほど祈願されたんじゃ道真公もたまんないよね。

境内にはお約束のように目付きの悪いネコがいて、しかしフワフワ加減がたまりません。富山まで連れて帰りたい気分を押さえてJR大阪駅へと歩いて帰ったのでした。今日は歩いて帰ろう。


帰りのサンダーバードでは「これを読まずに日本の未来は語れない」とのたまうご本を読んでみた。売り文句の割にさすがに商社マンが書…

イクラの醤油漬け・簡単だから絶対に自家製がおすすめ。 幽庵焼きにもチャレンジ。しかしとどめはやはり新米なのだ。

イメージ
富山県黒部市の生地(いくじ)漁港に鮭があがってくると、ほんまに秋が来たんやなあ、と実感します。まったく「アキアジ」とはよく言ったもの。しかしホンの近所の漁港でこんなものが収穫されるなんて。裏日本住まいにもいいことは沢山あるのです。
卵のうから卵を取り出してざっとほぐすまでは、大和百貨店地下の魚屋さんにお願いしてしまいます。アウトソーシングは現代産業の基本だからね。

イクラはつけ汁の配合で味が大いに変わる。ねちっこい粒々がほしい向きには煮切った日本酒と味醂を醤油で割るだけでいい。わたしはちょっと出汁の味が入り込んでいて、皮が薄く柔らかく仕上がる方が好きだから、出汁に白醤油と酒と味醂を加えてひと煮立ち、それを室温に冷ましておいたものを使います。

もしあなたがイクラ好きなら、想像以上に簡単にできるから、イクラだけはご自分の好みで漬けられることをお勧めします。市販の瓶詰など、全く買う気になれなくなること請け合いです。


魚屋さんがほぐしてくれるからって、そのまま漬け込んだのでは生臭みが抜けきれません。ぬるめの温塩水で数回洗ってやります。ついでにゴミとかつぶれた卵の皮などもきれいに掃除して。


で、漬け込むこと5~6時間。オレンジ色にしかも透明感たっぷりに漬け上がれば言うことなし。市販のイクラ醤油漬けのごとくドス黒くありません。鮭鱒属の卵特有の朱色が輝きます。


この日は文字通り「親子」料理にしてやろうと、同じ生地漁港で上がった秋鮭の身も購入した。両面にたっぷりと塩をして半時間。


白醤油に酒と味醂とスダチのしぼり汁を加えて、幽庵焼きとしゃれこんだのだけど。変に粋がって白醤油なんか使わずに、ふつうの醤油でやったほうが、香ばしくかつ焼き色もあざやかに仕上がったに相違ない。お料理道を極めていくには、ささやかな勘違いはつきものなのサ。それでも富山の地酒、若鶴酒造の「苗加屋 琳の青」が進みますこと。


だけどね、イクラも鮭もどうしたって酒より飯のほうが相性いいからね。炊きたての富山米「てんたかく」に、ほぐした幽庵焼きを乗っけて、そのうえにイクラをどっさりと。ムイ・ビエン。言葉が止まります。私の語彙力では表現不能であります。恐るべし富山湾の親子共演かな。


私の場合は相当に薄口の漬け方なので一週間ほどしか冷蔵できないけれど、その間は朝夕と相当に楽しむことができます。今年は鮭漁が終わるまでにあと…