オーストラリアの湾にカニが集結。文春・ポスト・現代な日。

オーストラリア、メルボルン前の海底がエライことになっていた。10万匹のカニが脱皮のために集合しているのだけど、量の迫力っていやまあ凄いんですねえ。


昨日は朝から風邪気味だったので、大事を取って一日休んだ。たまってた雑誌をずーっと読んでた。週刊文春/週刊現代/週刊ポスト/ビッグコミックオリジナル/週刊ゴルフダイジェスト。現代とポストは読んでいて鬱病になりそうだった。まあそんな世相なんだけどね。でもこの国に少しは救いがあると、ウソでも良いから書いてくれたっていいじゃない。文春は小林信彦がまだ元気に毎週コラムを書いているだけで評価してしまう。我が国最後の「オトナなコラムニスト」かもしれない。あ、本業は小説家でしたね。存知申し上げています。「サモワール・メモマール」大好きです。


ビッグコミックオリジナルでは、またテレビドラマ化される「深夜食堂」ええですねえ。よんでてほっこりいたします。今週は5日の水曜日にオリジナルが、本日6日の木曜日にここんとこ充実めざましい「コミックモーニング」が、8日には「ビッグコミック」がそれぞれ発売でマンガ好きにはたまらん週末なり。

週刊ゴルフダイジェストは、よんですぐに役立ちそうなレッスンが一杯書いてあるけどこれを鵜呑みにして週末にラウンドしたらきっと後悔するんだよな。でも「壮快」とかと一緒でほんと簡単にスライスやダフリが直りそうでついつい買ってしまう。



週刊新潮に連載されているエッセーをまとめた、川上未映子「ぜんぶの後に残るもの」は震災の前後に書かれたものが採録されている。このひと、年々センテンスが長くなってきていて、思考のタームがなんぼほどあるねんと思わされる。志賀直哉的美学の対極に立つつもりか。私はお気に入りですけど。日本人離れした粘度があって。

風邪は禁酒禁煙して半身浴してきちんと汗をかいて、23時前からコトンと寝てしまったらすっかり治ってしまった。おまけに早寝したからヘンに早起きだし。おかげで朝っぱらからこんな映像を見てしまうし。


震災だ原発事故だって言っていたって、所詮すべては「人間」の為の都合でしかなくて、自然はそんなもんと関係なく営みを続けているんですねえ。頼もしいような虚しさが溢れるような。

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

鎮魂 富山大空襲 

エクレアがフランスを救ったみたいにならんかなあ。

富山ケンミンの食欲 中華大盛ランチの実態