保守革新の争点は。

クリエイティブと思いつきは違う。でも、偶然のケッサクなんてものもありますよね。世の中は努力だけじゃなくって、ラッキーパンチとか出会いがしらの一発とかもなくっちゃつまんないですから。




会社近所の蕎麦屋「夢里」は、店主がどういうセンスをしているのか意味不明な新メニューが多くて、とても保守と固陋の富山県人がやっていると思えへん。カルボナーラうどんは、注文したIセーネンが「革新過ぎて追いつけない味」と言ったきり二度と注文していない。

写真の品は「三種麺」で、掛け蕎麦の出汁にうどんと蕎麦とラーメンをぶっこんで、名産白海老のかき揚げ、油揚げの甘煮、チャーシューにメンマをのっけて、さらに富山ケンミンが愛してやまない赤巻き蒲鉾をナルトがわりにのっけている。



注文した際に、店員が笑ってしまって真に受けてくれませんでした。勇気ある挑戦者はもちろん私ではなくて、不滅の胃袋を誇る前出Iセーネンであります。こいつも富山出身だから、ケンミンのなかにも進取の気性を持つ者が多少はおられるようで。

お勘定の際に「思ったよりおいしかったですよ」とセーネンが言ったのだけど、店員は「ほんとですか」って、店側の人間が疑心暗鬼で商品売っててどうすんだよ。でもこんど腹ペコの時に、一度注文してみてもいいかもしんない。少なくとも生クリームと茹でエビが乗ったうどんよりは、まっとうに食欲が刺激されます。




今朝の富山市桜橋交差点。もう見あきた風景。今年はこれまでに致しとうございます。殿様。きのうなんか、2日前に作ったカレーの匂いを抜こうとして窓を少し開けて出掛けたもんだから、アナタ。深夜1時過ぎに帰宅したら、室温が2℃になってやんの。エアコン2台とファンヒーター、床暖房と総動員。月末の請求書のことは忘れておきましょう。

は~る~よ~遠き春よ~

今夜もご接待なんてことになったら、カラオケバーに連れ込んで、ユーミンでも熱唱しますか(って昨夜も1時までマイク握ってたんとちゃうんかい)。ほんとに、早く来い、北国の春。

コメント

このブログの人気の投稿

鎮魂 富山大空襲 

エクレアがフランスを救ったみたいにならんかなあ。

富山ケンミンの食欲 中華大盛ランチの実態